読書

3月11日以降、政治家、東電の批判ばかりでうんざりしています。批判って何なのでしょうか?そんな本日これらの本を読破しました。NTT出版「危機の思想」は難解な文章が多く苦労しましたが、納得できる文章、心に残る言葉に数多く出会いました。結論がでない邪馬台国論争、いつも世話になっている佐賀北高校、卑弥呼の時代から現在までたくさんの温かい人間の心を培ってきた日本民族!すべてに心を込めて!!!